awakening the world

ゲーム、音楽、フィギュアなど様々なものを気ままにレビューするブログ

About

awekening the worldは大学生6人で構成された、音楽、ゲーム、釣り、フィギュアなど様々なモノを思い思いにレビュー&考察するブログです。「awekening the world」は皆大好きパワーメタルバンドLost Horizonの1stアルバム名から拝借しました。

 

〜〜自己紹介〜〜

sot4ro…ゲーム(主にスマホゲー)、KPOP以外の音楽担当。巨乳を愛してやまない漢の中の漢 。           

 

…ゲーム、映画、洋楽 etc...。金でキムです。国籍は日本デス。巨乳よりも美乳派です。

 

メジェド...ガンプラ、フィギュア等のレビュー担当。レビューなんて立派なものではない、素人感満載の記事を投稿予定。貧乳派ですね、ええ。

 

paraミリタリー、自転車 、アメコミetc…名前は仏語だが生粋の日本人であり、貧乳をこよなく愛する日本男児。 

 

ハニ…釣行記、FGO課金、ゲーム、アダルト系etc…記事は商品レビューより日記的なものが多いです。有機物無機物何でもイケます。

 

infinity...担当は未定無趣味を拗らせた学生ニート、多彩な言い訳を使いこなし、記事の編集をサボる。嗜好を挙げるとするとやはりジャンプ力ぅ...ですかねぇ... 

 

【レビュー】Aldaria - Land Of Light

Aldaria - Land Of Light (2017)

 

   f:id:sanctuary666:20170602115155j:image

 

評価:8.4/10

文:

 

1. Excitare Ad Lucem
2. Another Life
3. Gurdian Of The Light
4. Sands Of Time
5. Lost In The Darkness Below
6. Test Of Time
7. Trail Of Tears
8. Where Reality Ends
9. From The Ashes
10. Answers In A Dream
11. Land Of Light

 

ノルウェーのパワーメタルバンドMemorised Dreamsのギタリスト、Frode Hovdのメタルオペラプロジェクトの第一弾。
Rhapsody Of FireのFabio LioneRiot VのTodd Michael HallMasterplanのRick AltizDragonlandのJonas Heidgertなどその道で幅を利かせている16人のヴォーカリストFalconerのGtであるJimmy HedlundHelloweenのDr、Uli Kuschなど18人のミュージシャンが参加しています。
そして本作のミックスはMasterplanのギタリスト、Roland Grapowが手掛けており、もちろん彼は演奏にも参加しています。
それにしてもFabio Lione最近よく見かけるなぁw

自分恥ずかしながらMemorised Dreamsの事はよく知らないのですが、1999年から活動しておりアルバムをいくつか出しているみたいですね。かなりマイナーだと思われます。Youtubeでいくつか楽曲を聴いてみましたが、古き良きパワーメタルといった感じで、Helloweenのようなキャッチーなメロディを基盤にして、そこにファンタジー風味をプラスしたような雰囲気でした。
本作も作風としては似ていますがMemorised Dreamsよりも荘厳で繊細なアレンジが施されており、Helloween路線のメロディを壮大にアレンジしたような作風は、Tobias SammetのメタルオペラプロジェクトであるAvantasiaの影響を強く感じます。
中にはどこかで聴いたことのあるようなメロディもちらほら.......w
ファンタジー系の正統派メロパワを基軸に、明るく疾走する曲やゆったり壮大に聴かせる曲、ピアノによる悲しげなバラードなどアルバム全体としての抑揚が上手くとれています。この聴いている人を飽きさせない曲の幅広さは高く評価できます。
アップ➡ダウン➡アップ➡〆といった全体の曲の流れもしっかり定石を踏んでおり、聴きやすいので、メロパワの入門作としてもいいのではないでしょうか。

#1鐘の音とともに壮大に幕を開けるインスト。メロパワの定番。いつどのバンドのを聴いても心躍るわ。
#2インストからのこれ。Helloweenの手法ですね。
先頭曲に相応しい明るい曲。A、Bメロとじっくり展開して、サビで一気に突き抜ける。爽快度高いです。先頭に置いとけばまず間違いなし。そんな感じ。
#3#2と同じ路線の壮大な雰囲気。サビがなんかキラキラしてていいね。満点の星空が脳裏に浮かびました。
#4切ないピアノ伴奏から始まるバラード。一旦休憩って感じかなw
しかしソロのメロディにセンスを感じる。
#5いい!こちらも悲しげなピアノ伴奏で始まるのでバラードかと思いきや、ギターの入りから壮大かつ激しく、悲壮感を含んで展開していきます。女性Voと男性Voのハモリが綺麗でグッド。メロディと雰囲気がなんとも美しい一曲。
#6掴みから疾走します。Helloween直系のメロスピって感じかな。佳曲。
#7ピアノ伴奏スタートのバラード。このスタイルが好きみたいですねw
メロディが美しいので心に響きます。ソロも泣き系でいい感じ。
#8明るく疾走する曲。#2,#3の雰囲気に戻った感じ。後半戦の始まりだ!
#9ミドルテンポでメロディアスな曲。キラキラした曲が多いですね。これもその一つです。
#10なんだかファンタジー小説の世界の国歌みたいな雰囲気で幕開け。サビもエピックな雰囲気が出ています。
#11アルバムのシメとなる12分近くある大作。ここまできてもぶれないメロディラインと世界観。いいぞFrode Hovd!随所に散りばめられたギターによるソロもいいセンスだし、これまでの楽曲の雰囲気を引っ張ったまま最後にこの曲を置くことによるアルバムとしての一貫性も良い。そしてサビがHelloweenのあの不朽の名曲........ぽいw

この手のジャンルの音楽は出切った感があって、新鮮さはないのだがやはり基盤となっている物がよいためか、自分の琴線に触れているためか飽きることなく聴いていられる。そう言う意味ではやはりHelloweenの成した事は大きかったと認めざるを得ない。
この作品も先人達の音楽の再編でしかないと言えばそうだが、キャッチーなメロディに壮麗なアレンジによって創り出されるドラマティックな世界観はやはり濃密で、メロパワというよりはシンフォニックメタルに通ずるものを感じる。繊細なアレンジによって創り出される美麗な音世界は素晴らしいものがある。こういうスタイルの音楽が廃れないようにこれからもクオリティの高い作品を出してほしい。


よし、次はMichael  Kiskeを呼ぼうw

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

Land Of Light

Land Of Light

 

【特集】おすすめyoutubeチャンネル10選

ヒカキンチルドレン撲滅委員会のsot4roが厳選したオススメのyoutubeチャンネル10選をご紹介します。

f:id:sanctuary666:20170607023541j:image

teraminato…謎のおっさんてらみなとさんのチャンネル。なんか癒されるし、ずっと観ていられる。最近このチャンネルを観ながら眠りにつくことが多い。たまに出てくる娘とのやりとりが好きです。

https://www.youtube.com/user/teraminato

VICE japan…世界30ヵ国以上に支部を持つデジタルメディアVICEの日本語チャンネル。えっそんなん取材していいん?みたいなギリギリの内容のものが多くてめちゃくちや面白いです。TVでくだらん番組流さずにこれ放送してくれ。

https://www.youtube.com/user/VICEjpch

K.KIRAMEKI…大学生になってもう遊戯王は辞めてしまったが、この人の動画はよく観る。コレクション専門で対戦要素は一切ないが、カードに対する愛がヤバくて良い。遊戯王以外のTCGも開封したりしてる。

https://www.youtube.com/user/sanzinkei

tosei midorikawa…メタルとプログレ研究室室長緑川とうせいのチャンネル。僕とはこの人のサイトを見て育ちました。曲をかけながら紹介していくスタイルは著作権的にどうなのかは疑問だが、この人の好みがサイトを見るよりもより深く知れて楽しい。

https://www.youtube.com/user/ToseiMidorikawa

サイトhttp://www.lily.sannet.ne.jp/midorikawa/music.html

k4sen…純粋な面白さではこの人が頭一つ抜けていると思う。今はシャドバの人になってしまっているが、昔はCODすごかったんだぜ。

https://www.youtube.com/user/zzxk4sen

TrueFire…ギターのエクササイズ&リックを紹介してくれるチャンネル。たまにSteve VaiやLarry Carltonなどの大御所本人が自分の曲の弾き方を解説しながら弾いてくれる動画をupしてくれる。ありがたい。

https://www.youtube.com/user/TrueFireTV

SUDO.…主にFPS/TPSをプレイするゲーム実況者。最近はめっきり更新しなくなってしまった。生粋の関西人という感じで、しゃべりがうまい。頭が良さそう。

https://www.youtube.com/user/SuperUserDoo 

KAZUYA Channel…時事ニュースを分かりやすく、面白く伝えてくれる。「スカッとジャパ○」とかいう胸糞番組、しょーもないクイズ番組を廃止してこの人のニュースを放送したら日本はもっと良くなると思う。

Kolento…Hearthstoneをある程度やったことがある人なら一度は耳にしたことがあるだろうKolento。世界が認める最強プレイヤーKolentoのTwitchの配信のハイライトを30分程度にまとめてほぼ毎日投稿してくれる。Hearthstoneプレイヤーなら絶対に登録すべし。

瀬戸弘司…みんな知ってるでしょうからあまり詳しくは紹介しません。昔のほうが好きだった派です。でもなんだかんだ今も観ます。

他にもレオモン、ハヤシ、坂本龍馬、えふやんなどの面白いゲーム実況チャンネルもありますが、元々ニコニコの人達なのでここでは割愛させて頂きます。このチャンネル面白いぞ!って教えてくれる親切な方はコメントお願いします。

【レビュー】Helloween-Keeper Of The Seven Keys Part Ⅱ

Helloween-Keeper Of The Seven Keys Part Ⅱ(1988年)

 

 

f:id:sanctuary666:20170528234435j:plain

評価:9.2 / 10

 

1.Invitation
2.Eagle Fly Free
3.You Always Walk Alone
4.Rise and Fall
5.Dr.Stein
6.We Got The Right
7.March Of Time
8.I Want Out
9.Keeper Of The Seven Keys
10.Save Us

 

ドイツのベテランメロパワバンドHelloweenの3rdアルバム。
もうこの界隈で知らない人いないんじゃないかってぐらい有名な名盤。いや、神盤ですね。
今回はこのアルバムの俺的悶絶ポイントなどを改めて紹介させてもらう自己満レビューとなっておりますw
ではさっさといきましょー!!!

メンバーはHelloween黄金期の五人です。このアルバムの翌年に数々の名曲を産み出したギターのKai Hansenが脱退してしまうんですねぇ。いやー悲しい。非常に。
彼が作る曲はツボに入る曲が多くて大好きなんです。私。
まあ脱退した翌年の1990年に新たなバンドGamma Ray としてデビューしますがね。
Hansenはハロウィン飽きちゃったんですかねぇ.....w
一応表向きは肝臓の疾患を理由にHelloweenを脱退したみたいですけどすぐに新しいバンド始めちゃってるあたり完全に元気だよね!ピンピンしてるよね!w
まあ真相は自分にはわかりませんが。気になる人は調べるか本人に聞いてくださーい←

さて、もう一人のギタリストについて紹介します。現Helloweenのリーダー格であるMichael Weikathさんです。今作はHansenだけでなくWeikathも作曲を手掛けています。というのも、Part 1ではほとんどHansenが作曲しており、Helloweenの核はHansenといっても過言ではなかったのですが、今作はWeikathの作った曲が半分くらいあり、Weikathの作曲センスが光った作品になっています。
今作がWeikathの出世作になっている気がしますね。
実はあのHelloween屈指の名曲である#2 Eagle Fly Free も彼が作った曲なんですよ!
いい仕事しますねぇ。Weikathさん。
彼が作る曲はHansenに比べて前向きで明るい曲調のものが多いです。特に、明るく疾走する#4やコミカルでライブでも盛り上がる#5はやたらキャッチーで、このキャッチーさがこのバンドの売りの一つでもあります。ちなみに#5は3rdシングルにもなっています。

Helloweenの代名詞とも言える#2や人気曲の#5などを作り、このバンドにおいて必要不可欠な存在になったWeikathさんですが、もう一つ大きな仕事をしています。
アルバムタイトルにもなっている#9Keeper Of The Seven Keysの作曲です。
この曲は前作から続くコンセプトである「七つの鍵」の終結を意味するもので、13分以上にもおよぶ大作となっています。
もの悲しげなギターアルペジオから始まり、Kiskeのボーカルもそれに乗っかる形で入ってきてなんとも言えない叙情的な音空間が創られます。そしてAメロ、BメロとHelloweenらしくメロディアスに進み、サビは大空に羽ばたく鳥のようにすっきりした壮大なアレンジで展開します。まさに感動モノですよ。最初聴いた時は身震いしたものです。
ギターソロも悲哀感を含んだメロディで疾走するパートや、叙情たっぷりの雰囲気抜群なパートがあったりと、バラエティに飛んでいます。これが13分飽きない要因の一つかもしれませんね。
そしてラストサビ。
ドラムロールとともに溜めて放たれるKiskeの歌声は天を貫く槍のようにまっすぐそして美しく響き渡ります。
あれ?おかしいなぁ、目にゴミでも入ったのかな。涙で前がみえないや。
そんな訳ないやん!というツッコミは置いといて。それぐらい感動するんですよって事が言いたい!
最後は冒頭のアルペジオが流れて静かに幕を閉じていく..............。
最高かッッ!!!!!!!これは悶絶モノですわぁ。

ここまで散々Weikathの曲について紹介しましたが、忘れてはいけないHansenニキの曲も紹介します。#7,#8,#10ですね。後半に固まってます。上でも述べましたが私は彼の曲がツボに入りがちなので後半でもう一度盛り上がる感じがしていい曲順だと思います。
#7好きやぁやっぱり好きやこの感じ。彼の曲はカッコイイ壮大系な曲が個人的にツボ。これです。まさにこれやん!って感じ。
いかにも壮大系な雰囲気でギターが鳴り響き始まる。この時点で悶絶でした自分。
カッコイイリフに壮大なメロディのサビ。素直にカッコイイです。さすがHansenと言わざるをえない一曲。ギターソロももちろんしっかりHelloween節を含みながら疾走。
もはやお家芸ですねw個人的にこのアルバムで一番好きかもしれない。
#8Gamma Rayでも演奏されるHansenお気に入りの曲?なのかな。こちらも#7と負けず劣らずカッコイイ。ソロがめちゃめちゃカッコイイ。HR系が好きな人もハマりそう。
#10HRっぽいギターリフから始まり、Kiskeのハイトーンボイスが序盤から効きまくり。サビも美しいです。
プリーズセイバス!のコーラスはライブでも楽しそう。
そしてやっぱりギターソロがカッコイイ。彼の作るギターフレーズは秀逸ですね。
Weikathに比べてHansenはHR寄りの壮大な雰囲気の曲が多いように感じました。

上の二人以外にもKiskeが#3と#6を作っており、彼の曲は少しIron MaidenなどのNWOBHM系の雰囲気を出しているようにも感じられました。かなり個人的感性な気もしますがね。いい意味で上の二人の作る曲と違った雰囲気でこのアルバムのバラエティ性を引き上げている気がします。

ジャーマンメタルを世に出した歴史的一枚を創り上げた彼らですが、Hansenの脱退でこのアルバムの後少し失速します。実はKiskeもこの少し後に脱退しちゃいます。
そんな彼らがなんと!
2017年から2018年にかけて世界ツアーを行うのですが、、、


Kai HansenとMichael Kiskeが復活します!!!


ちなみに日本にもきます!
これは大ニュースだ!
ファンの中には長年待ち望んだ人もいるでしょう。夢が叶いますよ!

www.youtube.com

今のうちに予習するのだッ!!!!!!!!!

 

 

ジャーマンメタルを世界に引き上げ、メタル史に名を刻んだ彼らの渾身の一枚。
気に入ること間違いなしです。聴きやすいので初心者にもオススメですよ^^
まだ聴いてない人も、過去に聴いたことのある人もぜひHelloween屈指の名盤であり、今もなお輝きを放つこの大傑作を聴いてみてはいかがでしょうか。
それではこのへんで。サラダバー。

 

 

守護神伝-第二章~エクスパンデッド・エディション

守護神伝-第二章~エクスパンデッド・エディション

 

 

【レビュー】 ANS Optical Eo HD 556 ホロサイト型ドットサイト

どうも、paraです!
サバイバルゲームを何度かやっていると愛銃をカスタマイズしたくなりますよね。

そこでまずは外観のカスタムから入る人が多いと思います。特に光学機器(照準器)を乗せたくなる人は少なくないと思います。

しかし、光学機器といってもネットで検索すると数が多すぎたり、当たりハズレが多かったりと購入を躊躇すると思います。
今回は、私が購入してゲームで十分使用できたホロサイト型ドットサイトを紹介したいと思います。

ANS Optical Eo HD 556 ホロサイト型ドットサイト

f:id:sanctuary666:20170525233638j:image

http://item.rakuten.co.jp/auc-outsider/dt-025/ ⬅︎URL先の商品は今回の物に「レンズカバー」がついた2017年度流通版になります。本製品はレプリカです。

 f:id:sanctuary666:20170525233653j:imagef:id:sanctuary666:20170525233702j:imagef:id:sanctuary666:20170525233711j:imagef:id:sanctuary666:20170525233741j:image

外観はこのような感じです。本製品はレプリカです。ご注意ください。また、説明書は購入サイトの写真で説明となっているらしく入っていませんでした。

従来のホロサイト型の物と比べ、マグニファイアをつけた時レティクルを調節しやすいように調節ボタンがサイドについていることが大きな特徴です。底部は20㎜レール対応になっており、左側面のネジを緩めることにより簡単に脱着が可能です。

・サイズ(約):高さ65mm x 長さ105mm x 幅55mm
・レイルトップからレンズ中央までの高(約):37mm
・重量:210g

・操作方法
右ボタン-----電源ON/輝度UP
左ボタン-----電源ON/輝度down
左右同時に2つ長押しで電源OFF
NVボタン-----レテティクル・カラーを切替(赤/緑)

f:id:sanctuary666:20170525233756j:image
レティクルは赤と緑に切り替えることができ、五段階の明るさの調節が可能です。
左右の調整幅に対して上下の調整幅は狭めです。日中も見やすく綺麗にライトアップします。

f:id:sanctuary666:20170525233815j:image 

本製品は電池式になっており、LR44ボタン電池が4つ必要になります。
本体前面の蓋を外すことにより電池を格納できます。レティクルは電池が切れそうになると点滅して知らせてくれるので交換のタイミングは測りやすいと思います。
光学機器は多くのメーカーから出ており、種類も豊富にあります。お気に入りの1つを見つける参考になればと思います。
以上、ANS Optical Eo HD 556 ホロサイト型ドットサイトのレビューでした。

それでは今日はこのへんでAu revoir

 

【プチレビュー】ZOIDS ZA ライガーゼロ

最近暑くなってきましたね、メジェドです。

今回は、ZOIDS ZA ライガーゼロをプチレビューしていきたいと思います。

 

 

なお、メジェドはZOIDSをほとんど知りません。でもせっかく買ったし良いものだったので記事にはしたい・・・

という訳で、今回はプチレビューになっております。

それでもかまわないという方は、続きをどうぞッ

続きを読む

【レビュー】At the Drive-in - In・ter a・li・a

At the Drive-inin•ter a•li•a(2017)

7.6/10      

1. No Wolf Like The Present
2. Continuum
3. Tilting At The Univendor
4. Governed By Contagions
5. Pendulum In A Peasant Dress
6. Incurably Innocent
7. Call Broken Arrow
8. Holtzclaw
9. Torrentially Cutshaw
10. Ghost Tape No.9
11. Hostage Stamps

 

どどどど童貞ちゃうわ!どうもsot4roです。

At the Drive-inの約17年ぶり、通算4枚目となる本作。

5月5日にはもう発売されていたのですが最近やっと聴けました。

interaliaはラテン語で「数ある中でもとりわけ」という意味だそうです。

長い休止を経て、復帰作はどんなもんかと蓋を開けてみると…。

まさしくATDI!な終始ハイテンションな血管ブチ切れハードコア。

17年のブランクを感じさせない良盤です。

とりあえずこの流れでToolの新作もはよ!

おすすめ曲:

「Continuum」…ア ダマダマ!

「Incurably Innocent」…ギターの掛け合いがかなりイカす。

文 : sot4ro

<iframe src="https://embed.spotify.com/?uri=spotify:album:3rNoCvCJVaqopOA7mARnix" width="300" height="380" frameborder="0" allowtransparency="true"></iframe>